メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『歴史という教養』片山杜秀・著

自由に生きる糧となる学びを自ら求めていく

◆『歴史という教養』片山杜秀・著(河出新書/税別800円)

 本書は真の「歴史教養書」である。「教養書」とは「人が自由人になって自由な視野を持って世の中をこぎわたっていけるようにするための書物」のことであるから、「歴史教養書」は個別具体的な本の謂(いい)ではなく、「歴史を知ることで、現在未来をおのれが自由に生きられる術を手にする本」である。

 著者の片山さんは人並み外れた叡知(えいち)をたたえ、いつも「幅広く、かつ深く」考えている人である。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです