メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『ほとほと 歳時記ものがたり』高樹のぶ子・著

あり得なくても確かにある何か 人の情がそれを見せてくれる

◆『ほとほと 歳時記ものがたり』高樹のぶ子・著(毎日新聞出版/税別1600円)

 この本のキャッチコピーは、どうにも難しいだろうと思った。つまり新刊として書店に並んだ時に、ついお客が買いたくなるような文言をオビに書く技術だ。通常は編集者さんが作る。

 それにしても、本書は難しい。私だったらどう書くだろう。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです