メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー近藤雄生『吃音 伝えられないもどかしさ』

「気持ち、わかります」ではなく、その人の“本当の言葉”に耳を傾けた

◆『吃音(きつおん) 伝えられないもどかしさ』』近藤雄生・著(新潮社/税別1500円)

 実は最近、若干言葉に詰まることが……。近藤さんはそう語りだした。

「この本を出してから取材していただく機会が増え、時々少し、どもるんです。かつてのように悩んだりはしませんが」

 年齢も性別もさまざま、多くの吃音当事者に取材した。自身もその一人。話し言葉を文字に定着させることに…

この記事は有料記事です。

残り1249文字(全文1462文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです