メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

原発被害者の苦悩

廃炉作業が進められている福島第1原発の1号機(手前)から4号機=福島県大熊町で2019年2月14日午前10時21分、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 8年前のきょう3月14日、福島第1原発では1号機に続き3号機が水素爆発を起こした。さらに翌日には4号機まで。

 想定外の爆発は衝撃的で、健康被害を恐れて福島県外に逃れた人も少なくなかった。事故後の福島県の調査で甲状腺がんが確認された子どもは160人以上。同県HPによると、震災と事故による県外避難者は最大時6万2831人。今も約3万2600人が避難を続けている。

 大阪で母子避難を続ける森松明希子さんもその一人。原発被害者訴訟の原告として「放射線被ばくから免れ健…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです