メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アジア杯から13名入れ替えた森保監督「ベースをさらに広く強固に」

情報提供:サッカーキング

日本代表を率いる森保監督 [写真]=Getty Images
 日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 日本代表を率いる森保一監督は「アジアカップからメンバーを13人入れ替えて臨むことになる。アジアカップの経験や、培ってきたチーム力をさらに発展できるように、新たな選手を加えて、日本代表のベースアップを図りたい」と意気込みを語った。

 日本は22日にコロンビア代表と26日にボリビア代表と対戦する。森保監督は「南米で力のあるチームと試合ができる。日本代表のベースをさらに広く、強固にしていけるように、いろいろな選手に厳しい戦いを経験してもらって、将来に生かしていきたい」と将来を見据えた。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア以来の復帰を果たした香川真司と昌子源については「いずれ招集したいと思っていた」と明かすと、「これまで招集できていなかったのはタイミングやケガ、日本代表強化の過程において合わなかった」ことが原因だとして、「今回一緒に仕事ができることを嬉しく思っている」と期待を寄せた。

 初招集となった鎌田大地と鈴木武蔵らに「期待することは得点」と断言すると、鎌田には「得点という結果を残してきている。去年視察した時には、鎌田が攻撃の起点として、攻撃の核として機能しているのを見ていた。そういうところを今回の代表活動の中でもいかしてもらいたい」と言及。鈴木には「Jリーグが始まって序盤だが結果を出している。攻撃の部分で彼の良さをいかしながらプレーできている。日本代表活動の中でも自分の良さを最大限に発揮してもらいたい」と選出理由を明かした。

【関連記事】
【みんなで投票】コロンビア戦&ボリビア戦で活躍を期待する日本代表メンバーは誰?
●代表戦に間に合わなかった長友佑都の復帰…コパ・アメリカへの道を切り開くには?
●コロンビア代表にハメス、ファルカオら23名招集…日本、韓国と対戦
●“生粋のサッカー小僧”が中東へ…中島翔哉のカタール移籍が日本にもたらすメリットは?
●“アジア2位”の悔しさを胸に…吉田麻也が追い求める長谷部誠とは異なるキャプテン像

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです