メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

これぞ“CL男”…C・ロナウドの凄さを改めて数字で振り返る

情報提供:サッカーキング

逆転劇の立役者となったC・ロナウド [写真]=Getty Images
 12日に行われたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、ユヴェントスはアトレティコ・マドリードに3-0で勝利。2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。

 欧州カップ戦でファーストレグを0-2で落としながら次ラウンドへ勝ち上がるのは、ユヴェントスのクラブ史上初めてのこと。奇跡の逆転劇の立役者となったのは、全得点を奪ったクリスティアーノ・ロナウドだった。

 27分に先制点を挙げると、48分と86分にも追加点をマーク。ハットトリックを達成してマン・オブ・ザ・マッチに選ばれると、試合後には「このためにユーヴェは俺と契約した」というカッコよすぎるコメントまで残した。これぞ“CL男”と言わんばかりの圧倒的なパフォーマンス。今年2月に34歳を迎えた選手とは思えない存在感を見せつけた。

 そこで今回は、スポーツデータ会社『Opta』や大手メディア『ESPN』、さらにイギリスのサッカーサイト『Squawka』などが公開したデータをもとに、C・ロナウドの凄さを改めて振り返ってみた。

「3」

C・ロナウドはアトレティコ・マドリードのGKヤン・オブラクを相手に3度目のハットトリックを達成。世界最高の守護神の一人に数えられるオブラクがアトレティコ・マドリードに加入して以降、ハットトリックを許した相手はC・ロナウドだけ。文字通りの“天敵”である。

「8」

C・ロナウドは今回の一戦で、CL通算8回目のハットトリックを達成した。バルセロナのリオネル・メッシと並ぶ大会最多タイ記録になる。なお、前回ハットトリックを達成したのも、アトレティコ・マドリード戦。2017年5月2日のCL準決勝ファーストレグで、当時レアル・マドリードに所属していたC・ロナウドは3ゴールを叩きだした。

「9」
C・ロナウドはレアル・マドリード加入2年目の2010-11シーズン以降、これで9シーズン連続のCLベスト8進出を達成。うち4シーズン(2013-14、2015-16、2016-17、2017-18)で欧州王者に輝いている。

「22」

C・ロナウドがCLで決めたヘディングでの得点数。これは大会最多記録になる。

「25」
C・ロナウドがアトレティコ・マドリード相手に決めた得点数。通算33試合に出場して、25ゴールを記録している。プロキャリアにおいては、セビージャ(27得点)に次いで最も多くの得点を決めている。

「52」
C・ロナウドは30歳の誕生日を迎えて以降、CLで52ゴールをマーク。52ゴールは、CL通算得点ランキングで単独7位の記録になる。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏(50得点)よりも2ゴール多く、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキ(53得点)よりも1ゴール少ないだけ。

「63」
C・ロナウドがCLの決勝トーナメントで記録した得点数。2位のメッシに21ゴールの差をつけている。なお今回のハットトリックによって、CLグループステージで挙げた得点数(61得点)を上回ることとなった。

「77」

C・ロナウドがCLの決勝トーナメントで生み出した得点数。通算77試合に出場して、63ゴール14アシストを記録。世界最高峰の舞台であるCLノックアウトステージで、1試合平均1ゴールに絡んでいる計算になる。

「124」
C・ロナウドのCL通算得点数。これまで160試合に出場して124ゴールを記録。これは大会最多記録であり、アトレティコ・マドリードのCL通算得点数(118得点)よりも多い。

(記事/Footmedia)

【関連記事】
●CL8強出揃う! イングランド勢4クラブの準々決勝進出は10年ぶり…15日に抽選
●劇的逆転突破を果たしたユヴェントス…C・ロナウド「僕たちは強すぎた」
●バルサ、12年連続のCLベスト8進出…ホーム30戦連続負けなしの新記録
●C・ロナウドだけじゃない! ユーヴェを大逆転に導いた“持っている男”キエッリーニ
●マンC戦7失点のシャルケ、ドイツ史上最大点差でCL敗退…直近10戦で1勝

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです