メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨今ことば事情

老いるショック=近藤勝重

 オイルショックと聞いて、トイレットペーパーの買いだめ騒ぎなどを頭に浮かべる人は、きっと昭和生まれだろう。1973(昭和48)年の第4次中東戦争でアラブ産油国がとった石油戦略の影響を受け、一時的にしろ僕らの生活も混乱した。

 今、このオイルショックを必ず来る「老いるショック」と言い換えているのはイラストレーターのみうらじゅんさんだ。当年61歳。当人の「老いるショック」にはまだ間がありそうだ。僕はすでに実感中で、君ならわかるだろう、とばかりに「肩がコキ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです