メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

岩手高/7 「伝説の秀才」と学び、遊んだ 湯守ホテル大観会長・佐藤義正さん /岩手

佐藤義正さん=1950年度まで在学

 佐藤義正さん(84)=1950年度まで在学=は盛岡市の奥座敷、つなぎ温泉にある「湯守ホテル大観」の会長です。岩手中・岩手高時代に、かけがえのない友人に出会いました。「自由な雰囲気の中、自分の才能を思いきり伸ばす校風がよかった」と振り返ります。【藤井朋子】

 昨年、ノーベル医学生理学賞を本庶佑さんが受賞された報道を見て、岩手中高時代の友人を思い出しました。本庶さんが通った山口県立宇部高の同級生たちが、秀才ぶりを話していたでしょう。「たむちんとそっくりだ!」。田村壽(ひさし)という伝説の秀才がいたんです。

 繋(つなぎ)国民学校(現盛岡市立繋小学校)1年生の時に太平洋戦争が始まりました。終戦後、すぐに連合…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1673文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです