メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
質問なるほドリ

保釈の条件は? 証拠隠し現実的でなく 「否認」でも認める傾向=回答・伊藤直孝

 なるほドリ 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が保釈(ほしゃく)されたね。どういう手続きなの?

 記者 起訴された被告の身体拘束(こうそく)を解(と)くことです。刑事訴訟法は、事件関係者との口裏(くちうら)合わせなど証拠隠しを疑う相当の理由がある▽名前や住所が分からない--といった例外的理由がなければ、保釈請求(せいきゅう)を受けた裁判所は保釈を認めなければならないと定めています。例外理由があっても、健康状態などを考慮(こうりょ)して裁判所が裁量(さいりょう)で保釈を許可できます。

 Q ゴーン前会長の請求は3回目でなぜ認められたの?

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです