メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

運転免許返納、その後は? 認知症ドライバー対応、改正道交法施行2年 外出支援、自動運転で

運転席にドライバーはいるが、ハンドルに触れずに走る自動運転実験車両=兵庫県三木市で、野口由紀撮影

 75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行されて3月で2年となった。検査を経て医師に認知症と診断されると、運転免許の取り消しや停止となる。法改正に伴い免許の自主返納も増えている。だが、自家用車は地方に行けば行くほど生活の足として欠かせず、運転できなくなることは高齢者の「閉じこもり」にもつながりかねない。免許なき後の生活を社会全体で支える取り組みは進んでいるのだろうか。【野口由紀】

この記事は有料記事です。

残り2383文字(全文2587文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです