メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZ警察、3人を拘束 「反移民感情」動機の可能性も モスク銃撃

モスクの銃撃で負傷し、救急車に運ばれる男性=ニュージーランド南部クライストチャーチで15日、AP

 【ジャカルタ武内彩】ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチで15日、2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で銃乱射事件があり、計49人が死亡し、約50人が負傷した。NZ警察は20代後半の男1人を殺人容疑で拘束、そのほか2人も拘束して関連を調べている。

 AP通信によると、NZのアーダン首相は記者会見で「事件は十分に計画されていたとみられ、テロ攻撃と言えるのは明確だ」と述べた。また、反移民感情が動機の可能性があることをほのめかした。

 NZ当局は当初4人を拘束したが、1人は無関係として釈放した。容疑者の身元や2カ所のモスクを実際に何人で襲撃したのかなどを明らかにしていないが、3人とも監視対象ではなかったと説明した。うち乱射を実行したと主張する男は、「攻撃には人種差別的な意味があった」と明らかにし、反移民を訴える70ページ以上にわたる声明文を残しており、そこでは自らを28歳のオーストラリア人の白人だと語っていたという。

 オーストラリアのモリソン首相は、容疑者の1人が同国生まれだと認め、「過激主義者、右翼の暴力的なテロリストだ」と述べた。

襲撃されたモスク

 ニュージーランド・ヘラルド紙(電子版)によると、容疑者の1人とみられる白人の男がモスクに車で乗り付け、モスク内で自動小銃のような物を乱射する様子をインターネット上で17分間にわたって生中継した。動画は頭部に着けたカメラで撮影したとみられる。

 NZ政府の発表などによると、事件は午後1時45分(日本時間午前9時45分)ごろ、クライストチャーチ中心部のハグレー公園そばのヌール・モスクと東に約5キロ離れたリンウッド・モスクで発生。ヌール・モスクで41人、リンウッド・モスクで7人が死亡、もう1人は搬送された病院で死亡した。

 地元警察によると、容疑者が使ったとみられる車から簡易爆発物が見つかったが、安全に処理したという。他にも容疑者がいる可能性があるため、周辺住民に屋内にとどまるよう呼びかけた。

 地元メディアによると、事件はニュージーランド史上最悪の銃乱射で、同国の警戒レベルは最高水準に引き上げられた。また国内各モスクの警備を強化した。ただニュージーランドのイスラム教徒は人口の1%強に過ぎないという。

 報道によると死傷者の中にはバングラデシュ、マレーシア、インドネシア出身者が含まれている。在クライストチャーチ日本領事事務所によると、日本人が被害に遭ったとの情報はない。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです