メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯の再生医療の安全性と効果は?順天堂大チームが臨床研究へ

C1・濃縮した血小板を使う歯.eps

 濃縮した血小板(PRP)を使う歯科の再生医療について、順天堂大の飛田護邦(とびた・もりくに)准教授(口腔(こうくう)外科学)のチームは15日、安全性を検証し、効果もみる臨床研究を厚生労働省に届け出た。同様の再生医療は、再生医療安全性確保法に基づき全国で行われているが、臨床研究が実施されていないケースがあり、専門家から「安全性や効果が担保されていない」などの指摘があった。

 血液に含まれる血小板は、傷ついた体の組織を修復するたんぱく質を出す。この性質を利用してPRPが使われている。保険が適用されない自由診療のため費用が高額で、患者の経済的負担は大きい。歯周病で失った骨の再生を促す場合、保険診療で1本数千円のところ、数万円以上請求されることもある。

 臨床研究では患者2人ずつで、代表的な五つの治療を検証する。歯周病のほか、抜歯後の傷口の治癒促進▽インプラント治療での骨の強化▽割れた歯の修復▽一度抜いた歯の再移植――で、採血した血液20ミリリットルからPRPを作り、ゼリー状にして患部に移植する。1カ月安全性を重点に確認し、来年度にも効果を確かめる別の臨床研究も始める。

 厚労省によると、血小板など患者自身の体細胞を加工して移植し、再生を促す医療は、同法が施行された14年11月以降、全国で2000件以上実施され、約半数が歯科関連という。飛田准教授は「安全性と効果について議論できるだけのデータを集め、検証したい」と話している。【荒木涼子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  5. 長崎市中心部で浸水 大潮と「あびき」重なり JRも一時運行見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです