メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(9)地下鉄サリン事件と坂本弁護士一家殺人事件から 松本元死刑囚に一人でインタビュー

オウム真理教により地下鉄にまかれたサリン捜索のため完全装備で営団地下鉄霞ケ関駅に入る東京消防庁の隊員=1995年3月20日撮影

 1995年3月20日、私は東京・桜田門にある警視庁庁舎9階の毎日新聞のボックスで朝を迎えました。18階建ての警視庁庁舎の9階には新聞、通信、放送計十数社の事件記者が三つの記者クラブに分かれて常駐しています。新聞各社とNHKは記者10人前後、民放はそれよりやや少ないという布陣で、各社とも記者がそれぞれのボックスに交代で泊まり込み24時間態勢で事件を警戒しています。私はこの日の朝、泊まり明けの勤務でした。

 午前8時ごろ、救急車のサイレンが聞こえてきました。警視庁そばの地下鉄霞ケ関駅付近に止まったようなの…

この記事は有料記事です。

残り2628文字(全文2881文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです