メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

大学4年間で私は変わった 「活動」通し出会った仲間 /大阪

順調に日程をこなして笑顔の古賀千晴さん(左)=大阪府茨木市の追手門学院大で、三角真理撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 卒業を控え、学生生活で力を入れて活動してきたことを報告したい。この活動を通じて私は多くのことを学んだ。大学への思いも変わった。(追手門学院大4年、古賀千晴)

 ★不本意だった

 私は、この大学にいわゆる不本意入学として入学した。本当に行きたかった大学に受からず、滑り止めとして受けた追手門学院大学に入学した。当時、不安な気持ちでいっぱいだった。心理学の勉強を真面目にしていきたいが、そういう雰囲気はあるだろうか。就職はどうなるか。偏差値を気にするタイプの私は、そんなことばかり考えていた。

 けれども、せっかくの4年間を無駄にしたくないという気持ちも大きかった。高い学費を出してくれる親にも…

この記事は有料記事です。

残り1517文字(全文1834文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです