メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

近現代五つ目の天皇像へ=保阪正康

即位後の「朝見の儀」でお言葉を述べられる天皇陛下(中央)=1989年1月9日。「帝室論」を著した福沢諭吉(右上)の系譜を引く小泉信三(左上)から教育を受けた

先帝の意向と助言役の重み

 近現代日本にあって、代替わりはこれまで4回あり、今回の代替わりは5回目に当たる。わかりやすく説明すると、以下のような形である。

 (1)孝明天皇から明治天皇

 (2)明治天皇から大正天皇

 (3)大正天皇から昭和天皇

 (4)昭和天皇から現在の天皇

 そして今回である。すでに論じられてきたように、今回の代替わりは、先帝の崩御という形ではなくて生前譲位であり、悲しみと並行して新しい天皇の誕生を祝するといった複雑な流れではない。社会の空気もこれまでの代替わりとは異なっている。それだけに改めて天皇について論じる空気が生まれているし、天皇と国民の間がいかにあるべきかの論点も整理されていくことになるであろう。

 そうした論じ方の一法として、前述の4回の代替わりの内実を検証しながら、どのようなことがわかるのだろ…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文2056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです