メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリズム

説明すればそれでいいのか=論説委員・野沢和弘

 治療中止を選択肢として患者に示すことは悪くないという意見がある。一般論としては理解できるが、抑うつ神経症を発症し、自殺を図ったことがある患者に対してはどうなのだろう。

 インフォームドコンセント(十分な説明に基づく同意)を得ているからいいという意見もある。医師にとっては「十分な説明」かもしれないが、死ぬのは患者である。十分かどうかを医師が判断するという考えはどうなのだろうか。

 公立福生病院で医師が腎臓病の女性に人工透析治療をやめる選択肢を示し、中止を選んだ女性が1週間後に死…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです