メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

今どこ?GPSで見守り

来月小学校に入学する予定で、GPS BoTを利用している安部境悟ちゃん=東京都世田谷区の多摩川河川敷で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの行動範囲は小学校入学を機に大きく広がる。時代の変化とともに地域の見守りは手薄になり、保護者もいつも近くにいるとは限らない。GPS(全地球測位システム)に特化した小型端末を子どもに持たせようとする親も増えてきた。

 ●小型端末、カバンに

 「子どもがどこにいるのかリアルタイムで分かり安心感があります」。昨年11月からビーサイズ(横浜市港北区)の見守りサービス「GPS BoT」を利用する東京都世田谷区の自営業、安部伸哉さん(41)はそう語る。保育園に通う長男境悟(きょうご)ちゃん(6)は来月から小学生。最寄り駅で迷子になったことがあり、知人の勧めで使い始めた。

 端末は5センチ角の正方形で厚さ19ミリ。重さは46グラムで通話機能は付いていない。普段は保育園のカ…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです