メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛装備の海外調達が過去最高9417億円に 国内伸びず防衛産業撤退組も

コマツが製造した軽装甲機動車。防衛省は後継車開発を打診したが、断られている=陸上自衛隊習志野演習場で2018年1月12日、前谷宏撮影

 防衛省が来年度に締結する装備品契約額のうち、海外調達は過去最高の9417億円に上る見通しだ。米国との政府間取引である有償軍事援助(FMS)などで高性能装備品の輸入が増えているためで、契約額の3割弱を占める。一方で国内調達額は伸びていない。防衛事業から撤退する国内企業も出ており、防衛産業の維持を危ぶむ声も出ている。

 防衛省によると、2019年度当初予算案に計上した装備品の調達額は、次年度以降に分割払いする分も含め…

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1415文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです