メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

伊勢・駒鳥食堂店主 大西貢さん /三重

変わらない昔の味

 「伊勢うどんのうまい食堂は、なぜか中華そばもうまい」。伊勢市内で生まれ育った50代の男性2人が地元の“名店”の名を交互に挙げている。そのひとつが駒鳥食堂(同市一之木)。【尾崎稔裕】

 伊勢うどん、かやくうどん、中華そば、カレーライス。サバの煮付け、野菜の天ぷら、煮物といった総菜がショーケースに並ぶ。昼時、のれんをくぐれば、土間のテーブル席と小あがりの畳席は、ほぼ満席。観光客、地元民は半々くらいか。ザ・大衆食堂。

 「地元じゃ伊勢うどんは家庭料理。だから、この町の人からは中華そばの注文が多いね」と店主の大西貢さん…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1081文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです