メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

公衆電話を知らない子供 利用拡大に向け工夫を

=松尾貴史さん作

 テレビのニュースで、「公衆電話を知らない」「公衆電話を使ったことがない」という子供の割合が高いことを報じていた。ある調査では、小学生の8割以上がそう答えていたという。

 考えてみれば、私たちの生きている時代の通信手段は恐ろしいほどに目まぐるしく変化してきた。明治時代に郵便制度が始まる前といえば、のろし、ほら貝、太鼓、幟(のぼり)や旗、手紙を人が運ぶという原始的なものしかなかったろう。電話というものが発明された以降も、大半の一般家庭に普及するのはそれこそ私が生まれた後だ。

 子供の頃は大家さんの家から電話がかかってきた知らせを受けて飛んでいくという、いわゆる「呼び出し電話…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです