メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目指す5年ぶり日本男女そろっての優勝 フィギュア世界選手権、20日開幕

(上)国際大会はここまで6戦全勝の紀平(下右)目標は「優勝」と公言する宇野=いずれも猪飼健史撮影(下左)4カ月ぶりの実戦復帰となる羽生=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕する。日本勢は自国開催だった2014年の男子の羽生結弦(ANA)と女子の浅田真央さん以来5年ぶりの男女そろっての優勝を目指す。

 男子は三つどもえの様相だ。2年ぶり3度目の優勝を目指す羽生は4カ月ぶりの実戦復帰を果たす。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯で右足首を負傷し、翌12月のGPファイナルと全日本選手権を欠場した。複数種類の4回転を跳べるまでに右足首が回復しているかが注目される。

 初優勝を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)は2月の4大陸選手権を制した。全日本選手権から約1カ月で3度捻…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです