メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルポ

芸術先進国シンガポール/下 東西文明、結節点の華 高層ビル背にインドの野外劇

リトル・インディアの一角では、巨大な象のオブジェを前に野外寸劇が行われた=シンガポールで広瀬登撮影

 シンガポールの観光名所「マーライオン」から徒歩5分、川沿いの緑豊かな公園の一角にアジア文明博物館がある。19世紀中ごろのラッフルズ博物館にそのルーツを持ち、1997年に開館。2003年に現在地に移転した。博物館が入るのは約150年前に建てられた新古典主義様式の「エンプレス・プレイス・ビルディング」。英国植民地時代から長い間、政府機関が使っていた歴史的建造物だ。

 建物の中に一歩足を踏み入れれば、赤道直下の暑さの外気がうそのよう。涼しくて心地よい。展示は「貿易」…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1358文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです