メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・首長に聞く

清水敏男・いわき市長 沿岸部再生、最優先に トリチウム処分、熟慮求める /福島

 --復興の進捗(しんちょく)は。

 津波で被災した沿岸部の土地区画整理事業の宅地引き渡しが終わり、小名浜地区にはイオンモールが開業してまちびらきを行うなど、ハード面はほぼ完了した。東京電力福島第1原発事故に伴う市道の側溝堆積(たいせき)物も昨年5月までに撤去できた。復興・創生期間が完了する2年後に向けて、復興の総仕上げに全力で取り組む。

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1586文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです