メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

ウクライナ危機5年/1(その2止) 地域分断に嘆く住民 ドネツク境界「厳戒」

 

 ウクライナ東部ドネツク州と隣接するルガンスク州では、それぞれ親露派勢力が2014年春から実効支配する。ウクライナ政府と翌年2月、一度は停戦で合意したが、なし崩し的に戦闘が再発。今でも局地的な戦いが続き、かつて一つの国で暮らしていた住民同士が兵器を向け合っている。

     ◇

 運転席横のダッシュボードには、たばこの箱が幾つも入れられている。車を止める度、男性のタクシー運転手は警備兵に箱を手渡す。別の地点ではウクライナの通貨フリブナ紙幣を右手に忍ばせ、握手し賄賂を渡した。そうやって他の車に先立って通してもらったり、チェック無しで通過させてもらったりしていた。中には、コーラ飲料を警備兵に手渡しながら「境界」を越えていく運転手もいた。

 ドネツクの親露派勢力(ドネツク人民共和国)が実効支配する領域に入るルートの一つは、州南部の港湾都市…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2157文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです