メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

白鵬、全勝ターン

白鵬(左)が小手投げで栃煌山を降す=幾島健太郎撮影

8日目(17日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は栃煌山を逆転の小手投げで降し、初日から8連勝で勝ち越しを決めて単独トップに立った。平幕の逸ノ城は大関・栃ノ心に敗れて初黒星を喫した。カド番の栃ノ心は5勝目。ほかに1敗は2日目から7連勝の横綱・鶴竜に、正代に快勝した高安と玉鷲を退けた豪栄道の2大関、平幕の碧山で計5人となった。大関昇進を狙う関脇・貴景勝は遠藤を圧倒して6勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1361文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです