メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教祖なき後に

地下鉄サリン事件24年/上 償いの死、過去にせぬ なぜ凶行、解明求める被害者

「地下鉄サリン事件から24年の集い」で参加者の話を聞く被害者遺族の高橋シズヱさん=東京都千代田区で2019年3月16日、丸山博撮影

 「死刑って、すごく大きな出来事だったのかもしれない。でも私たちにはそれが最後ではなく、現在進行形の被害が続いている。風化という言葉には違和感を覚える」

 一連のオウム真理教事件の被害者の会が16日に東京都内で開いた集会。地下鉄サリン事件で夫一正さん(当時50歳)を亡くした高橋シズヱさん(72)は言葉を強めた。

 昨年7月6日。教祖の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行時63歳)ら7人を対象とした最初の執行があ…

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです