メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック津賀社長一問一答 「中国と米国に好機がある」「テスラ、19年が正念場」

インタビューに答えるパナソニックの津賀一宏社長=大阪府門真市で2019年3月18日、猪飼健史撮影

 パナソニックの津賀一宏社長に対するインタビューの主なやり取りは次の通り。

 ――社長8年目で再び改革に踏み切る理由は。

 ◆2012年の構造改革は赤字事業の止血だった。当時からもうかっている事業と赤字を垂れ流す事業は見えていたが、顧客もいるのでやり方を考えてやってきた。だが、必ずしもうまくいっていない。もう一度、全体を見直していく必要がある。

 ――このまま改革をしなければパナソニックはどうなるか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです