メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

吉崎憲治 歌いやすさ心がけ 宝塚歌劇団 作曲活動60周年

=幾島健太郎撮影

 昭和から平成にかけて、宝塚歌劇を彩る数々の名曲を生み出してきた作曲家の吉崎憲治が活動60周年を迎えた。「清く正しく美しく」「この愛よ永遠に TAKARAZUKA FOREVER(宝塚フォーエバー)」「シトラスの風」などのメロディーがタカラジェンヌにもファンにも愛されている吉崎。「宝塚にどんな曲が合うか、考えることが僕の生活のすべて」と宝塚一筋の60年を誇らしげに語る。

 1933年、徳島市生まれ。武蔵野音大を卒業後、59年に入団した。当初は女性が男性を演じる特殊な世界…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです