メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

熊本地震発生、来月で3年 障害者支援拠点閉鎖へ 薄れる関心、寄付・ボランティア減少

 熊本地震で被災した障害者の支援拠点「被災地障害者センターくまもと」(熊本県益城町)が3月末で活動を終える。全国から寄せられる寄付金やボランティア希望者が減り、経済的にも人的にも存続が難しくなった。熊本地震は間もなく発生から3年となるが、事務局長を務める車椅子の弁護士、東(ひがし)俊裕さん(66)は「ニーズはまだたくさんあるのに途中で放り出さざるを得なくなった。悔しい」と残念がる。【福岡賢正】

 センターは熊本地震の本震から4日後の2016年4月20日、熊本県内外の障害者団体などが創設した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです