メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

金沢町家や九谷焼工房、登録文化財に /石川

登録有形文化財に答申された(上)昭和初期の建築様式を伝える「金沢町家兼六」(中央)=金沢市提供、(下)「小松市立錦窯展示館」の主屋=石川県小松市提供

 国の文化審議会は18日、江戸~昭和に建てられた金沢、小松市の建築物7件を国の登録有形文化財に指定するよう文部科学相に答申した。指定されれば県内の登録有形文化財は計270件となる。

 明治期の和風町家を1938(昭和13)年に改修した「金沢町家兼六」(金沢市昭和町)は、正面をモルタルなど耐火性の素材で覆った「看板建築」。金沢市文化財保護課によると、関東大震災後の住宅に多く見られるといい、昭和初期の建築様式を伝えるとして評価された。また、米国人建築家ウィリアム…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです