メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地酒

御食国の新「わかさ」 京都の古民家改装会社と石川の杜氏が協力 小浜産原料、醸造再び /福井

 朝廷に塩や海産物を献上し「御食国」と呼ばれた小浜市で、消滅の危機にあった地酒「わかさ」の醸造が続けられることになった。古民家リフォーム会社を運営する男性と88歳のベテラン杜氏(とうじ)らが協力し、昨年、地元産原料にこだわった新しいわかさが誕生した。

 小浜市では創業約150年の老舗酒造会社が長年、市内で唯一の酒蔵としてわかさを造っていたが、2016年に高齢化などで廃業。16~17年にかけては仕込みができず、醸造はいったん途絶えた。

 「御食国をうたっているのに地酒がないのは寂しい」と感じたのは、京都市でリフォーム会社を運営する高岡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです