メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

五智如来坐像、国宝に 安祥寺の5体 重文7件も /京都

重要文化財から国宝に格上げされる安祥寺の木造五智如来座像5体

 国の文化審議会は18日、国宝と重要文化財の新たな指定について答申し、府内では美術工芸品で京都市山科区の安祥寺が所有し京都国立博物館に預託している彫刻の木造五智如来(ごちにょらい)坐像5体が重要文化財から国宝に格上げされる。このほか、重要文化財7件を指定、建造物で登録有形文化財2件が新規登録されることが決まった。府内の指定件数は未告示を含めると美術工芸品1895件(うち国宝184件)、建造物の登録572件となる。【篠田直哉】

 国宝となる木造五智如来坐像5体は、安祥寺に伝わる真言密教の金剛界を示した大日如来を中心とした五つの…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです