メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教祖なき後に

地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

オウム真理教が1994年ごろに信者に配布していたチラシ。教祖への帰依と、外部からの攻撃に対する抵抗が繰り返し説かれていた=元信者提供

 <私が逝った後もアストラル(異次元世界)から説き続けましょう>。公安当局によると、教祖の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚が自身の死後について語った音声録音が昨年、オウム真理教の後継団体「アレフ」内部で流された。アレフは表向き、松本元死刑囚の執行について沈黙を続けているが、公安関係者は「『死後も尊師が見てくれている』と信者に指導している」と言い、「神格化」を警戒する。

 <何があっても尊師が守ってくれます>。「沢木晃」のペンネームで体験手記を公表してきた元信者の男性(…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1221文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです