メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震被災の障害者支援拠点、月末閉鎖 熊本

センターの事務局で3月末の閉鎖を残念がる東俊裕さん=熊本県益城町で2019年3月7日午後3時、福岡賢正撮影

 熊本地震で被災した障害者の支援拠点「被災地障害者センターくまもと」(熊本県益城町)が3月末で活動を終える。全国から寄せられる寄付金やボランティア希望者が減り、経済的にも人的にも存続が難しくなった。熊本地震は間もなく発生から3年となるが、事務局長を務める車椅子の弁護士、東(ひがし)俊裕さん(66)は「ニーズはまだたくさんあるのに途中で放り出さざるを得なくなった。悔しい」と残念がる。

 センターは熊本地震の本震から4日後の2016年4月20日、熊本県内外の障害者団体などが創設した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです