メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声

月刊誌「創」に掲載された広河氏の手記は8ページにわたる長い文章で、末尾に「続く」とある。被害者に向けた直接の謝罪の言葉は見当たらない

 フォトジャーナリストの広河隆一氏が月刊誌「DAYS JAPAN」の女性スタッフらに性行為や裸の写真撮影を強要したとされる問題で、3月20日発売予定の号で検証記事を組む同誌に先んじて、月刊誌「創」が広河氏の手記を掲載した。「合意があったと思っていた」「地位や仕事を失った」という弁解や悲嘆が随所でつづられ、元スタッフらは「本当に反省しているのか」と疑問の声を上げている。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2589文字(全文2793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです