メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競技団体役員の在任期間、10年を上限に スポーツ庁方針

文化庁が入る中央合同庁舎第7号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 スポーツ庁が新たに策定する競技団体の運営指針「ガバナンスコード」で、役員の在任期間について10年を上限と明記する方針を固めた。20日に開かれる鈴木大地長官の諮問機関「スポーツ審議会」の部会で提案される見込み。多選による特定役員への権限集中が、スポーツ界の不祥事の背景にあるとして、組織の新陳代謝を促す。

 在任期間は英国が9年、オーストラリアは10年を上限としており、基準を設定する際の参考とした。競技団…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです