メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

アリババクラウドジャパン、2019年までに日本企業100社の中国進出サポートを目指す(Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について



「China Gatewayプログラム」を発表

アリババグループのクラウドコンピューティング部門であるアリババクラウドは3月19日、2019年までに日本企業100社の中国進出サポートを目指す「China Gatewayプログラム」を発表しました。本プログラムにはアリババクラウドジャパンのパートナー企業によるサポートも含まれております。参加するパートナーは野村総合研究所、新日鉄住金軟件(上海)有限公司、伊藤忠テクノソリューションズ、TISインテックグループ、iTriggerです。
[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1073/32026/700_310_201903191543415c908f9d3e3ca.jpg

左から順に、新日鉄住金軟件(上海)有限公司 尚尔哲、伊藤忠テクノソリューションズ 高橋達矢、アリババクラウドジャパン 宋子曁、
野村総合研究所 森川貴康、TISインテックグループ 楊暁瑛、iTrigger Yiping

中国における現在のビジネス拡大を目指す日本企業に対し、「China Gatewayプログラム」の一環として、クラウドエンタープライズネットワーク、グローバルアクセラレーション、エクスプレスコネクト、コンプライアンスコンサルティングといった幅広いクロスボーダー製品だけでなく、デジタルにますます精通してきた中国顧客により良いサービスを提供するオーダーメイドのインテリジェントソリューションを提供します。

特に、「China Gatewayプログラム」の第1段階では、アリババクラウドおよびパートナー企業が、小売・製造企業にインテリジェントソリューションを提供します。例として、クラウドベースの予測分析を実装して売上を伸ばすスマート店舗ソリューション、運用・保守コストを削減するために時間内に異常を発見する産業用ソリューションなどが挙げられます。

また、経済史、市場機会、現地のコンプライアンスルールなど、様々なビジネス局面において企業が中国を理解できるよう、China Gatewayホワイトペーパーも発行しました。
※China Gatewayホワイトペーパー ダウンロードページ
https://resource.alibabacloud.com/whitepaper/china-gateway-building-a-china-ready-business_256

アリババクラウドは、世界第3位のIaaSプロバイダおよび中国最大のパブリックプロバイダの一つとして、日立(中国)有限公司などの中国市場進出をサポートしてきました。日本と中国を含む世界56のアベイラビリティーゾーンにデータセンターがあり、企業が事業の成長ペースを早めるための、最速のインターネット速度および帯域幅の一つを提供しています。

●アリババクラウドジャパン ジェネラルマネージャー 宋 子曁(ソング ズジ)のコメント
ワンストップのサービスプロバイダおよびコンサルタントとして、私たちはパートナーと協力し、最新のクラウドテクノロジーとデータインテリジェンスをお客様に提供したいと考えています。中国市場に対する幅広い顧客インサイトおよび多様な産業のデジタル変革を支援する技術ノウハウと経験を持つアリババクラウドは、このプログラムを通して、日本の皆様が中国での小売りから製造までのビジネスの成功を力強く促進させるための道を切り開きたいと考えています。

●日立(中国)有限公司 CIO 大橋泰男(おおはし やすお)のコメント
アリババクラウドは、最先端のクラウドインフラストラクチャと優れた顧客サービスを提供しています。「China Gatewayプログラム」は、中国で事業拡大を目指している企業に対して、より多くの価値を提供できると考えています。


【アリババクラウドジャパン China Gatewayプログラムパートナーのコメント】

●TISインテックグループ Asia Pacific Sales Director 楊暁瑛(よう ぎょうえい)のコメント
アリババクラウドジャパンと提携し、より多くの日本企業に対して、海外市場、特に中国市場への展開のサポートができることを嬉しく思っています。アリババクラウド「China Gatewayプログラム」のパートナーとして、TIS インテックグループはクラウド上のAI分析、機械学習、スマートカスタマーサービス、MRなどの技術を提供します。アリババクラウドとともに、グローバルな視野を持つ日本企業へより充実したサービスを提供し、パートナーとして共に成長できることを期待しています。

●iTrigger COO Yiping(い へい)のコメント
アリババクラウド「China Gatewayプログラム」のパートナーとして、iTriggerは「システム+データ+オペレーション」戦略の下、中国市場の消費者行動についての日本企業の理解をサポートします。消費者とのコミュニケーション方法をより適切な形でマッチングさせることによって、消費者とのデジタルエコシステムを構築します。アリババクラウドジャパンと共に、グローバルな視野を持つ日本企業に今まで以上の利便性を提供できることを期待しています。

●新日鉄住金軟件(上海)有限公司 総括部長 尚尔哲(しょう じてつ)のコメント
新日鉄住金ソリューションズは、アリババクラウドの協賛パートナーとして、「China Gatewayプログラム」を通じて中国へのビジネス進出・拡大を検討している日系企業様にITコンサル、設計・開発、運用保守などのサービスを提供しております。アリババクラウドジャパンと連携して、日系企業様に更なる価値をお届けできると信じています。

●伊藤忠テクノソリューションズ 課長 高橋達矢(たかはし たつや)のコメント
CTCは、アリババクラウドの協賛パートナーとして、「China Gatewayプログラム」を通じて中国へのビジネス進出・拡大を検討している日系企業様にシステム構築支援サービスサービスを提供しております。




情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです