メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ブロックチェーンを活用した「アート作品の新時代の評価・流通インフラ」を提供するスタートバーン社に出資(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について



2019年3月19日

株式会社 電 通

電通、ブロックチェーンを活用した「アート作品の新時代の評価・流通インフラ」を
提供するスタートバーン社に出資
― 両社の知見・ノウハウをさまざまな著作権コンテンツの流通管理に応用 ―

   株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)は 、ブロックチェーンを活用し「アート作品の新時代の流通・評価インフラ」の構築に取り組む東京大学発ベンチャー、スタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井 泰平)に出資いたしました。

   これまでアート作品の流通においては、作品情報や来歴の管理、流通時のアーティストへの還元が課題とされてきました。そうした中、スタートバーン社はブロックチェーン上でスムーズに契約の検証・交渉・実行をプログラム化する「スマートコントラクト」により、これらの課題に対応した、アート作品の流通・評価インフラを構築しています。

   今後、当社内組織の「電通イノベーションイニシアティブ」※は、スタートバーン社とさまざまな企業を結び付け、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトプラットフォームの事業開発等を推進し、アート流通インフラ構築事業で培った知見・ノウハウを、さまざまな著作権コンテンツの流通管理に応用していく予定です。

<スタートバーン社の概要>
社   名 : スタートバーン株式会社
https://startbahn.jp/
所 在 地 : 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナーラボ255
設   立 : 2014年3月26日
代  表  者 : 施井 泰平(代表取締役)
事 業 内 容: パブリックチェーン上へのアートブロックチェーンネットワーク構想・構築のほか、オンラインサービスstartbahn.org、法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開


※電通グループの事業成長のために、社会やテクノロジーの変革に即応しながら新たな事業基盤を創造する専門組織(2018年7月発足)です。世界のイノベーション動向を把握しながら、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「電通ベンチャーズ」と連携した投資や、グループ各社とイノベーティブな企業を結び付け、協働して事業開発するプロジェクトを数多く手掛けています。

以 上



【リリースに関する問い合わせ先】
株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
          長澤、渓  TEL:03-6216-8041

【投資に関する問い合わせ先】
株式会社電通 電通イノベーションイニシアティブ 戦略投資部
          古田、渡辺 TEL:03-6216-8447 


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです