メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

室戸ユネスコ世界ジオパーク食フェア(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

2019年3月19日

室戸ユネスコ世界ジオパークフェア~室戸の大地からの贈り物~

四国の「東の突端」に位置する高知県室戸市は、地球の営みによって生み出された貴重な地質遺産や壮大な地形が、現在でもなお残る場所です。室戸岬より東側では沖に2~3km 進むと急激な崖が形成されており、1000m 程度まで海底は落ち込んでいます。陸地から漁場までの距離が近いことから、室戸岬東側の地域では定置網漁業が古くより盛んです。サバやブリだけでなく、通常深海約300m 程度の場所を泳ぐ魚である金目鯛もよく揚がります。さらに漁場が近いことで、魚の鮮度は抜群です。室戸岬の西側では、地震による隆起がつくりだした階段状の地形である「海成段丘(下部写真左側)」が、非常に美しい形で観察することができます。その地域では段丘面を利用して農地が開拓されています。海底から隆起した大地であるため水はけがよく日当たりもいいので、農業も盛んです。

 今回は、そんな「室戸の自然環境だからこそ獲れる魚や野菜」を味わっていただき、室戸への興味関心を持っていただくために、京都駅前のレストラン「銀ゆば 京都堀川店」(海鮮和バル)において、高知県室戸市から毎日産地直送した新鮮な魚や野菜を使った創作料理を提供いたしました。室戸の大地が育んだ「自然の恵み豊かな食」を通して、室戸の魅力についてまずは舌で体験していただき、その先で実際に室戸の自然を体感しに来ていただきたく今回のフェアが開催され多くの観光客や来店した方々から好評を得ました。


開催期間:2月23日(土)~3月1日(土) 場所:銀ゆば 京都堀川店
(〒600-8231京都府京都市下京区油小路通塩小路西油小路町1 075-354-9355)


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜ミク、弘前公園「公式キャラ」に登場 大型パネル前で記念撮影も
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです