メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・西村賢太さん 真冬の芝公園で師を思う

西村賢太さん

 生まれ育ったのは江戸川区の春江町のあたりです。いろいろな作品で触れていますが、長い間足を踏み入れないようにしていたんです。その土地にひょんなことから行くことになったのが6、7年前。母校を訪ねるテレビ番組の企画で、小学5年の時に離れて以来、33年ぶりでした。

 最後の撮影を終えてから子ども時代を過ごした街を歩いてみると、方向の感覚が体に染みついているのか、昔のことが面白いぐらいによみがえってくる。自宅のあった場所には小ぎれいな家が4軒建っていて、もちろん街はすっかり変わっているんですが、よく遊んだ公園など当時のままのものもあり、子どものころの記憶と重なる風景が今も残っていました。

 自分の中であの土地のことを封印していた間は、懐かしく思い出すこともなかったのに、久しぶりに歩くと、…

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1790文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです