メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

30年の響き

 山里の校舎から今も変わらず張りのある太鼓の音が響いていた。愛知県の和太鼓集団「志多(しだ)ら」は今年で結成30年。2年目の1990年から東栄町の廃校を拠点に活動してきた。

 伝統に根ざしつつ新しい挑戦を続けてきた。記者が初めて取材したのは94年。奥三河地方に700年以上続く国の重要無形民俗文化財「花祭り」を現代風にした「志多ら舞」を創作、同町東薗目地…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです