メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師らに執行猶予付き有罪判決 愛知・公立陶生病院汚職

 新薬などの臨床試験(治験)の補助事業者選定を巡る贈収賄事件で、第三者供賄罪に問われた公立陶生病院(愛知県瀬戸市)医師、谷口博之被告(64)=起訴休職中=に対し、名古屋地裁(神田大助裁判長)は20日、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。

 贈賄罪に問われた治験補助会社「ASOCIA(アソシア)」元実質経営者、小曽根秀明被告(55)は懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)とした。判決は「社会の信頼を害し悪質。谷口被告は自身の地位や立場をかさに着ていて犯情は悪い」と指…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです