メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

スピード結審に驚き 原告、裁判所判断を評価 仙台訴訟

仙台地裁での結審後に会見に応じた原告ら2人。手前は60代女性の義姉、右奥は飯塚淳子の名で被害を訴える70代女性=仙台市青葉区で2019年3月20日午後4時10分、滝沢一誠撮影

 「審理は熟した」――。旧優生保護法下での不妊手術を強制された被害者による国家賠償請求訴訟が20日、仙台地裁で初めて結審した。原告の女性2人のうち60代女性が初提訴してから1年余のスピード結審。原告側は「問題の早期解決を目指す裁判所の判断だ」と評価する一方、救済法案への不満が改めて示された。【滝沢一誠、遠藤大志】

 「(国は)まだ反論があるが、これで結審するのでしょうか」

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです