メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

前例なき解決の道 判決前に救済法施行も 強制不妊・仙台訴訟

仙台地裁に向かう原告弁護団ら。被害者を含む50人以上が行進した=仙台市青葉区で2019年3月20日午後3時2分、滝沢一誠撮影

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強いられた宮城県の女性2人による国家賠償請求訴訟が20日、仙台地裁で結審し、5月28日に憲法判断に踏み込む初めての判決が言い渡される。ただ、救済法案が4月にも国会で可決・成立すれば、原告勝訴の判決後に国が補償制度を作ったハンセン病患者らによる国賠訴訟とは逆の「前例なき展開」となる。国側は救済法を超えた判決には応じない可能性もあり、全国で相次ぐ国賠訴訟の早期解決は不透明さを増す。【遠藤大志】

この記事は有料記事です。

残り1708文字(全文1934文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです