メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

競技としてのスケートボード=百五総合研究所・中村哲史 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 時代とともに人の意識は変わっていくものだが、スポーツの捉え方にもさまざまな変化が見られる。スノーボードやボルダリングなど比較的歴史の浅いスポーツが競技として定着しつつある中、今回は2020年東京五輪で正式種目に選ばれた「スケートボード」に注目してみたい。

 スケートボードの競技を行う施設である「スケートパーク」の整備が各地で進んでおり、17年時点で全国で100カ所に上るという(日本スケートパーク協会)。また、松阪市は、県内初となる「松阪市総合運動公園スケートパーク」(面積4730平方メートル、建設費2・7億円)が4月に開業する。国際大会が開催できる広さと設備を有し、松阪市は、大…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです