メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

大津中2いじめ自殺、損賠判決 教育の場で真相解明を=小西雄介(大津支局)

大津市教委の家宅捜索を終え、押収物を運び出す滋賀県警の捜査員ら=大津市役所で2012年7月11日、小関勉撮影

 大津市で2011年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が当時の同級生3人らに損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁は2月19日、いじめと自殺の因果関係を認める判決を言い渡した。今回、遺族側の全面的な勝訴となった背景の一つに、滋賀県警の強制捜査が入り、いじめ訴訟では異例となる約500件の証拠を遺族側が提出できたことがある。しかし、警察の学校現場への介入には慎重になるべきではないか。いじめの真相解明が教育の場によってなされなければ、遺族をさらに傷つけることになり、学校からいじめをなくすこともできない。

この記事は有料記事です。

残り1767文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです