メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ゲノム編集食品/上 肉厚、栄養価増でも不安

ゲノム編集で1.3倍肉が厚くなったマダイ(左)と普通のマダイ=木下政人京都大助教提供

 遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」で生まれる食品が、早ければ年内にも国内で販売される。ゲノム編集によって1・3倍ほど身が厚くなったマダイや栄養価が高いトマトが市場に並ぶことが予想される一方、消費者団体からは安全性に対する懸念の声が寄せられている。

 ●遺伝子を切り張り

 ゲノム編集は生物の遺伝子のうち、狙った遺伝子を切り張りして性質を変えるもの。狙ったところで遺伝子を切断して壊す「はさみ」の役割をするたんぱく質が簡単に使えるようになり、世界中で急速に広がりつつある。

 従来の遺伝子組み換え(GM)は、他の生物の遺伝子を種子や受精卵に入れるが、特定の位置を狙えず、求め…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです