メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

はやぶさ2、次のミッション 小惑星に人工クレーター

 3億キロ以上離れた小惑星リュウグウで、ピンポイントの着陸を成し遂げた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。4月5日には、爆薬の力で金属の塊を衝突させ、小惑星に人工クレーターを作る世界でも前例のないミッションに挑戦する。【池田知広】

 ●「G難度」の実験

 「非常にリスクの高い、挑戦的な運用。慎重にいきます」。クレーターを作るための衝突装置を開発した佐伯孝尚プロジェクトエンジニアは語る。強力な爆薬を使うため、探査機が損傷する恐れもある。佐伯さんは体操競技の難しい技を意味する「G難度」に例える。

 はやぶさ2の機器の多くは初代はやぶさの改良版だが、衝突装置は初めて搭載された。津田雄一プロジェクト…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1733文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです