メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

白鵬、貫禄の11連勝

11日目(20日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は、大関昇進がかかる関脇・貴景勝を上手投げで降し、全勝で単独首位をキープ。碧山との1敗同士の対戦を制した平幕の逸ノ城がただ一人、1差で追う。

 横綱・鶴竜は玉鷲を退け、高安は栃ノ心との大関対決をものにした。大関・豪栄道、平幕・琴奨菊も白星を重ね、2敗勢は後退した碧山を含めて5人。

 新三役の小結・北勝富士と16場所ぶりに幕内に復帰した豊ノ島はそれぞれ負け越しが決まった。

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです