メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宙に浮く「雪国のアマゾン」 市議会、再評価の予算認めず 山形・鶴岡

手に入れた当時の思い出を語る山口吉彦さん(右)と妻孝子さん=山形県鶴岡市伊勢原町の出羽庄内国際村で2017年1月27日、長南里香撮影

 2014年に行革の一環で閉館した山形県鶴岡市のアマゾン民族館とアマゾン自然館の収集資料をめぐり、同市議会の予算特別委員会は20日、市が提案した専門家に評価を依頼する予算案(480万円)を認めなかった。市は資料の活用を目指して19年度当初予算案に事業費を盛り込んだが、22日の本会議でも否決される見通し。「雪国のアマゾン」として知られた貴重な資料の行き先は、宙に浮くことになった。【長南里香】

 資料は同市陽光町の文化人類学者、山口吉彦さん(76)が1971年から十数年かけてアマゾン奥地のイン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです